毎日のアソコの洗い方

こんにちわ、ミチコです^^。

 

今日はアソコの正しい洗い方について書いてみますね^^。恥ずかしながら全く意識してない状態でした(笑)

 

【目次】

  1. アソコは意識して洗わないと絶対にクサくなる!
  2. アソコを正しくない方法で洗うと起こるデメリット
  3. アソコの形を見てみる
  4. 正しいアソコの洗い方とは?
  5. 泡をしっかりとたてる

 

アソコは意識して洗わないと絶対にクサくなる!

 

若い時はアソコを洗う時はとにかくゴシゴシと洗っていました(笑)でも、それでも大丈夫な歳だったんだと思います。でも、加齢によって色々と体が変化しますし、アソコの内部にもカスが溜まります。

 

 

カスというのはマンカスと呼ばれます(笑)私は知りませんでしたが、このマンカスはニオイを発してしまうんです。恥垢ともいわれています。旦那のアソコにたまに白いものがありますが、、^^;

 

 

それは旦那曰く『チンカス』というそうです。チンコにあるからチンカス、アソコだからマンカス、、分かりやすいですね(笑)

 

 

このマンカスですが、普通に洗っていても取れにくいです。しかも男性がクンニをするときに『口に入ってきて汚い、口に入ってきてニオイが臭くて引いた』など、結構なダメージを男性に与えます^^;

 

 

ビラビラと呼ばれるものが私たちのアソコにはあるのですが、そこをしっかりと洗わないとアソコが黒くなるし、とにかくクサくなるので、しっかりと普段から正しい洗い方をしないとダメです。

 

アソコを正しくない方法で洗うと起こるデメリット

 

アソコを正しい方法で洗わないでずっとしていると、どういった事が起こるのでしょうか?気付かないのは自分だけということもあります。パートナーも悩んでる様な大変な事になる可能性もあります。

 

  • オリモノが大量に出る、結果アソコが悪臭に
  • ナイロンタオルなどでゴシゴシ洗うと、色素沈着が起こり黒ずむ
  • アソコが汚いと、雑菌が繁殖して性病、感染症、悪臭の原因
  • 雑菌がマンカス(恥垢)や汗で増殖して、スソワキガを引き起こす

 

 

こういった事が起こる可能性があります。黒ずむ原因も全てはアソコを正しく洗っていないことから来るんですね。ですので、まずはしっかりと洗ってあげること。正しい方法で洗う事が必要なんですね。

 

アソコの形を見てみる

 

まず、自分のアソコの構造ってどうなっているのか、そういった部分を知ることが大事です。私たちのアソコは男性とは違い、自分で見ることは基本的にないですよね。

 

 

毎日洗っているにも関わらず、盲目的に洗っているだけでは、アソコのどこに汚れが付いているのか、どこに汚れが詰まるのかという所が分かりません。ですので、まずは自分のアソコについて知るのが一番。

 

 

私も自分でまじまじと観ました(笑)結構グロいです。内蔵と一緒、粘膜ですからね、、^^;でも、まじまじと広げて見るって感じではなく、どういった所を洗うのかってことを知りたい。

 

 

そして、アソコのビラビラと呼ばれる部分、『小陰唇(しょういんしん)』ですが、ここが一番アソコで汚れが溜まる場所、マンカスが溜まる場所です。ここにマンカスがあるんですね。

 

 

また、このビラビラを意識して洗わないと、普通に洗っていても全くと言っていいほど取れないようです^^;このビラビラは大きさが個人によって違います。ビラビラが大きいとそれだけマンカス(恥垢)が溜まるんですね^^;

 

 

歳を取るとアソコのニオイが気になる、、、というのは、このビラビラを意識して洗っていない女性が、徐々にマンカスのニオイがきつくなっている事から起こります。

 

 

そして、このマンカス。色は白いのですが、かなりの大きさになりビラビラにこびりついていることが多いです。粘土の様な感じですね。

 

 

ちょっとでも怠っている、今までビラビラを意識して洗ったことがないという場合、ほぼビラビラにマンカスが多少付いている事が多いです。

 

 

このマンカスに尿、汗が付き、悪臭が放たれるワケですね。

 

 

相手を不快にさせないためにもしっかりと普段から意識して洗う事が大事です。

 

正しいアソコの洗い方とは?

 

では正しいアソコの洗い方について説明します。まず、基本ですが『手で優しく、デリケートゾーン専用の石鹸で洗う』事です。

 

 

何故手で洗う必要があるのか??それは普通のナイロンタオルでは恥垢が取れません。ビラビラは細かい所ヒダですので、ナイロンタオルで洗っても恥垢までは取ることが出来ません。

 

 

そして、刺激を与えることで黒ずみが出来る可能性が高くなります。手で優しく、ビラビラもしっかりと洗うことが基本です。

 

 

あとは、デリケートゾーン専用ソープですね。これは基本です。ドラッグストアなどでも売っていますが私は恥ずかしいので(笑)、Webで購入しました。旦那も無頓着ですので分かっていません。

 

 

デリケートゾーン専用ソープが良い理由ですが、『弱酸性であり、ジャムウが消臭や殺菌をしてくれる』為です。通常の石鹸はアルカリ性が多いです。

 

 

アソコの中は酸性です。また、アソコだけではなく、皮膚が良い状態の時は酸性であり、悪臭の原因がある場合はアルカリ性に傾いていることが殆どです。ですので弱酸性の石鹸、そしてアソコに優しい石鹸を使うのが基本です。

 

 

そして、アソコの中をゴリゴリするのはNGです。泡をつけた状態でそのままアソコに指をツッコミ、そして洗う事はカンジダ、細菌性膣炎などの原因になります。

 

 

膣内は酸性が正常で、この状態を保つためにオリモノは存在しています。ですので、意味なく洗うと膣内の状態が崩れる可能性が出てきて、そしてまたオリモノが増える為、ニオイの元が増える事になります。

 

泡をしっかりとたてる

 

ジャムウ石鹸などをナイロンタオルでつけるのではなく、泡立てネットなどでしっかりと泡をたてて、その泡で洗う様なイメージです。そうして泡を立てながら洗うことで、ナイロンタオルではムリなビラビラの奥も洗うことが出来ます。

 

 

  • アソコ全体を包み込むように泡を立てて、しっかりと顔を洗うイメージで。
  • マンカスが溜まりやすそうな場所は手で(爪を立てず指の平)しっかりと洗う
  • しばらく3分ほど放置後、しっかりと流す

 

こうすることで通常のケアはOKです。

 

 

デリケートゾーンと呼ばれる位ですので意識してデリケートな部分だという気持ちで取り組んでいきましょう。

 

>>【お風呂で消臭】アソコがクサくならない石鹸&ボディソープはコチラ
>>【お出かけ時の消臭】持ち運びが出来て、ニオイを防ぐ消臭ケア商品はコチラ
>>【膣内洗浄】内部から洗浄してオリモノを正常にしてニオイを抑える商品はコチラ